生理中にホットヨガをしても大丈夫?意外と多い「気にしない」派!

 

美容や健康にいいと人気のホットヨガですが、いざ始めると気になるのが、「生理中」のレッスンです。

 

ホットヨガでは、汗をたくさんかいたり様々なポーズをとったりするため、生理中の体に影響しないか、経血がもれないか心配になりますよね。

 

そこで今回は、生理中でもホットヨガをしても大丈夫なのか、生理中にホットヨガをするときのポイントや注意点についてお伝えします。

 

 

生理中はホットヨガを休むべき?

 

 

毎月女性に様々な不快症状をもたらすのが、生理です。
特に生理中に次の2つの悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

 

  • 生理が重くて体調が優れない
  • 経血がもれないか心配

 

生理が重かったり、経血が多かったりすると、ホットヨガをしても大丈夫か心配になってしまいますよね。
その悩みを解決するためにも、まずは、生理中にホットヨガを休むべきだと思ってしまう理由を詳しく見ていきましょう。

 

生理が重いから体調が気になる

生理中の悩みといえば、生理痛ですよね。
生理痛が辛いときに、ホットヨガなどの運動をすると、さらに体調が悪化してしまわないか心配になってしまいます。

 

また、生理中にイライラするなど心の不調が出やすい方は、ホットヨガで汗をかくと余計にイライラが増してしまわないか心配になるかもしれませんね。

 

生理が重いときは、部屋にこもるのが一番だと考えてしまいますが、ふさぎこんでしまうことで余計に心身の不調が悪化することもあるんですよ。

 

経血がもれないか気になる

生理中に気になることといえば、経血のもれですよね。
生理中の経血のもれ対策に四苦八苦している方も多いでしょう。

 

特にホットヨガでは様々なポーズをとるため、余計に経血がもれてしまわないか心配になってしまいます。

 

経血のもれさえ気にならなければ生理中でもホットヨガを楽しむことができそうですよね。

 

生理中でもホットヨガはできる!気にしない派の意見とアドバイス

 

 

体調が悪くなってしまわないか、経血がもれてしまわないか、色々悩んでしまいますが、実はそれ、取り越し苦労なんですよ。

 

なんと、生理中でも問題なくホットヨガはできるのです。

 

案外、生理中でも気にせずホットヨガを楽しんでいる気にしない派は多いんですよ。
むしろ経験者の中には、生理中にホットヨガをすることでメリットがあったと感じている方もたくさんいます。

 

生理中でも気にしない派の方のリアルな意見とアドバイスが次の3つです。

  • 生理痛が逆に緩和する
  • ナプキンとタンポンのW使いで経血も安心
  • 無理なポーズはとらずに休む

 

実際の経験者の声を聞くと、説得力がありますし、心強いですよね。

 

生理痛が逆に緩和する

生理中のホットヨガの経験者の方からよく耳にするのが、「生理痛が和らいだ」という意見です。
後で詳しく説明しますが、ホットヨガには生理痛を緩和してくれる効果が期待できます。
そのため、生理中の不快な症状をスッキリさせるためにホットヨガのレッスンを受ける方もいるんですよ。

 

ただし、寝込んだり嘔吐するほど生理が重い場合は、無理をせずにレッスンはお休みしてくださいね。

 

ナプキンとタンポンのW使いで安心

ホットヨガのレッスン中に気になる経血のもれですが、こちらはナプキンとタンポンのW使いで解決できます。

 

ナプキンだけですと、やはりポーズをとったときにズレてしまう可能性があります。
また、経血の量が多いときはタンポンだけでは不安になり、レッスンに集中できなくなってしまいます。

 

ナプキンとタンポンを組み合わせることで、ズレと漏れがカバーできて、安心してレッスンを受けることができますよ。

 

無理なポーズはとらずに休む

 

生理中のホットヨガは、体を鍛えるためではなく、体をリラックスさせるために行うと考えましょう。
自分が嫌だなと思うポーズや無理だと感じるポーズのときは、マットの上でお休みすることが、生理中でも快適にホットヨガをするポイントです。

 

無理をせずに行うことで、「家でこもるよりも気持ちをリフレッシュさせることができる」という声も多いんですよ。

 

ホットヨガのポーズの中には、経血が逆流してしまうようなポーズもあります。
スタジオによっては、「生理の方はこのポーズはお休みしてくださいね」とアナウンスがあるので、指示に従うようにしましょう。

 

生理中もホットヨガがおすすめの3つの理由

 

 

経験者の意見でもお伝えしましたが、ホットヨガは生理中の不快な症状を緩和してくれる効果が期待できます。
無理さえしなければ、生理中にホットヨガをすることはおすすめなんですよ。

 

生理中にホットヨガをおすすめする理由には、次の3つのポイントが挙げられます。

  1. 心身をリラックスさせる
  2. 体の冷えを解消する
  3. 血の巡りをよくする

 

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

 

心身をリラックスさせる

生理を重くしたり、生理中の不快な症状を悪化させる原因の一つがストレスです。
ストレスを強く感じると、ホルモンバランスが乱れ、生理に伴う症状を悪化させてしまうのです。

 

ホットヨガでは、適度な運動で汗をかくため、心身をリフレッシュさせる効果があります。
さらに、ストレスで緊張した筋肉をほぐしてリラックスさせる効果もあるんですよ。

 

ホットヨガで心身をリラックスさせることで、ストレスからくる生理の不快症状を和らげることができます。

 

体の冷えを解消する

体の冷えは生理痛を重くする原因になります。
体が冷えると、命を維持するために必要な部位に血液が優先的に送られ、子宮や卵巣は後回しになってしまいます。
すると、子宮や卵巣の働きが悪くなり、生理痛の悪化に繋がってしまうのです。

 

ホットヨガは、暖かい場所で体を動かすため効率よく、体の冷えを解消できます。
また、ホットヨガのポーズは筋肉をしなやかに動かすため、筋肉でたくさん熱が作られるようになって、体を内側から温める効果も期待できます。

 

ホットヨガで冷えが解消し、体が内側から温まることで、生理痛も緩和することができるんですよ。

 

血の巡りをよくする

血の巡りの悪さも、生理痛を重くする原因の一つです。
血の巡りが悪いと、子宮や卵巣の働きが悪くなるだけではなく、ホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

血の巡りの悪さは、筋肉の緊張や運動不足などによって引き起こります。
ホットヨガでは、筋肉の緊張をほぐして、適度に筋肉を刺激して運動を行うため、血の巡りの改善にも効果が期待できます。

 

血の巡りが良くなることで、生理痛や生理に伴う不快症状も和らぐのです。

 

シャワーや服装は?生理中のホットヨガQ&Aまとめ

 

 

生理中のホットヨガは、問題ないどころか、生理痛の軽減などにも効果が期待できるんですね。
ですが、ここで気になるのが、生理中でのレッスンの受け方です。

 

特に多くの方が悩まれているのが、次の4つの問題です。

  1. レッスン後のシャワーは浴びてもいいのか
  2. レッスンの時の服装はどうしたらいいのか
  3. 経血の量が多いときでも大丈夫なのか
  4. レッスンのレベルはいつもと同じでいいのか

 

最後に、生理中のホットヨガに関する上記の問題を、経験者の声などからすっきりと解決しましょう!

 

レッスン後のシャワーは?

シャワーは大勢の方が使う場所なので、生理中は使用を控える人が多いです。
シャワーを浴びない場合は、汗拭きシートなどを持参してしっかり汗を拭くようにしましょう。

 

ホットヨガは大量に汗をかくので、レッスン後はどうしてもシャワーを浴びてスッキリしたいですよね。
生理中でもシャワーを浴びたい場合は、タンポンをして浴びると経血が飛び散るのを防止できます。
タンポンはシャワー後にトイレで取り替え、シャワールームは経血が残っていないことをしっかり確認してから出るようにしてくださいね。

 

レッスンの時の服装は?

ホットヨガのレッスン時の服装は基本的に自由です。

 

生理中は、経血がもれないように、体にフィットした服装がおすすめです。
ピタッとしたスパッツの上に短パンを重ねることで、下着がズレにくくなり、安心してレッスンを受けることができますよ。

 

量が多い時のレッスンも大丈夫?

生理1日目や2日目の量が多いときは、無理せずにお休みすることをおすすめします。

 

いくらナプキンやタンポンを併用していても、量が多い日はやはり経血が気になってしまいます。
すると、せっかくのレッスンに集中できず、逆にストレスになる可能性もあります。

 

経血の量が多い1~2日目は無理をせず、量が落ち着く3日目以降からレッスンに参加するといいですよ。

 

レッスンのレベルはいつも通りで大丈夫?

生理中にホットヨガをするときは、いつもよりレベルが低いクラスの受講がおすすめです。

 

レベルの高いレッスンになると、体にかかる負荷も大きくなりますし、動きも激しくなって経血のもれが心配になってしまいます。
生理中のホットヨガは、心身をリラックスさせてあげることが大切なので、レベルを下げてゆったりと行う方がいいのです。

 

生理中に初めてホットヨガを行う方であれば、初心者クラスで様子を見てみましょう。
そして、生理中でのレッスンの感じをつかめたら、自分の体調に合わせてクラスを選ぶようにするといいですよ。

 

まとめ

生理痛などの体調不良や経血のもれなど、生理中のホットヨガはどうしても心配になってしまいますよね。
しかし、無理さえしなければ、ホットヨガは生理の不快な症状改善に効果を発揮してくれます。

 

ナプキンとタンポンのW使いなど、今回ご紹介した工夫をこらすことで、生理中でも快適にレッスンを受けることができます。

 

ぜひ自分に合った方法で、生理中もホットヨガを楽しんでみてくださいね。

関連ページ

【現役医師が解説】ホットヨガ後の頭痛の原因と改善方法&予防策
ホットヨガを行うと様々な体調の異変を感じる人もいます。特に多いのは頭痛です。ここではホットヨガによって起こる頭痛の原因と改善方法、予防策について現役医師が詳しく解説します。
ホットヨガの前に化粧を落とす?ホットヨガのメイク事情を徹底調査!
ホットヨガ前に化粧を落とした方がいいのか?今回は、ホットヨガのお化粧事情について、メイクをしたままでも大丈夫なのか、お化粧を落とすメリットやデメリットなど、皆さんの疑問に分かりやすくお答えします。
妊婦にホットヨガは危険?妊娠中のホットヨガについて医師が解説!
妊娠中にホットヨガをしても大丈夫なのか気になりますよね。妊婦がホットヨガしても安全なのかお医者さんに聞いてみましょう。
ホットヨガでダイエット!期待できる効果と意外な落とし穴を大公開!
ホットヨガでダイエットを成功させるコツと、ハマりやすい落とし穴について紹介していきたいと思います。またダイエット以外の美肌、健康効果についても解説します。
妊活してる女性はホットヨガがおすすめ!その理由&効果とは?
ホットヨガは妊活におすすめの運動で、実際に妊活中の女性に大人気!一体全体なんでなのでしょうか?その理由と効果について解説します。

このページの先頭へ戻る